IGLOO's Press

マスコミに報道されたイグルーコーポレーションの最新ニュースです。

日本大阪所在のセキュリティ企業SSKと「セキュリティ管制ソリューション及びサービスの輸出」契約を締結

2016.12.26

1,048

(株)イグルーセキュリティ、
日本大阪所在のセキュリティ企業SSKと
「セキュリティ管制ソリューション及びサービスの輸出」契約を締結



- 日本関東、関西地域を網羅する広範な顧客ネットワークの構築により、日本市場への攻略を拡大
- 厳しいと定評のある日本のセキュリティ市場での長期間蓄積したセキュリティ管制能力が認められた結実
- 17年にかけて蓄積しているセキュリティ管制の経験とノウハウを知的財産権化して輸出...セキュリティ管制サービスの高付加価値を実現


【2016年12月13日】イグルーセキュリティが17年間蓄積したセキュリティ管制のノウハウと経験を資産化して輸出し、厳しいと定評のある日本市場に攻勢をかける。次世代の統合セキュリティ管理を先導する企業、(株)イグルーセキュリティ(代表取締役イ・トクチュン、www.igloosec.co.kr)は、日本の関西地方大阪所在の先導情報セキュリティ企業であるSSK(代表取締役 姜昇旭、www.ssk-kan.co.jp)と「セキュリティ管制ソリューション及びサービスの輸出」契約を締結したと13日明らかにした。

大阪をはじめとする日本関西地方で、ネットワークのセキュリティ及びIT運用管理事業を活発に展開しているSSKは、2014年に発生した日本最大の教育・出版企業ベネッセホールディングスの顧客情報の大量流出事件をきっかけに、セキュリティの脅威に対する社会的な警戒心が強まり、セキュリティ管制サービスの需要が継続的に増加して、専門的かつ信頼性の高いセキュリティ管制サービスを提供するためにセキュリティ能力を強化する必要性を痛感していた。

専門的な知識と経験、ノウハウを備えたセキュリティ管制サービスを提供する業者を探していたSSKは、日本関東地域で多数の顧客を確保していたイグルーセキュリティのセキュリティ管制サービスの競争力と顧客の検証を経た安全性を高く評価して、イグルーセキュリティと3年間の「セキュリティ管制ソリューション及びサービスの輸出」契約を締結することになった。また、セキュリティ管制システムには、16年連続の国内市場シェア1位を占めているイグルーセキュリティの統合セキュリティ管理ソリューションSPiDER TMを採用した。

イグルーセキュリティは、12月から本格的にセキュリティ管制ソリューション及びサービスの輸出に乗り出す。長期間蓄積したセキュリティ管制のノウハウをもとに、SSKが顧客のITインフラ資源の現状及びセキュリティ環境に最適化されたセキュリティ管制サービスを提供できるように支援するとともに、実務実習型教育プログラムの運営及びコンサルティングを通じてノウハウを伝授し、セキュリティの専門家養成にも力を入れる。イグルーセキュリティは、セキュリティ管制ソリューションを納品して管制ノウハウを伝授する対価として技術支援料を一括で支払ってもらい、今後SSKが顧客にセキュリティ管制サービスを提供して発生する売上の手数料として一定の金額の支払を受けることになる。

イグルーセキュリティは、去る2010年に日本支社を設立して以来、日本関東地域を中心に著しい成果と経験を積んできた。日本屈指の通信企業であるソフトバンクの統合セキュリティ管理ソリューションを提供して顧客に肯定的な反応に力づけられて、セキュリティ・ソリューションを追加供給したことに続き、2013年と2015年には、東京所在のセキュリティサービス専門企業であるA社とセキュリティ管制サービス及び統合セキュリティ管理ソリューションの総販売代理店契約を締結して、さまざまな日本の顧客に先進のセキュリティ管制サービスを提供している。

イグルーセキュリティは、広範な顧客ネットワークを保有しているSSKとの契約締結を通じて、日本関西地域まで営業を拡大していく計画である。日本関東、関西地域を網羅する信頼関係の構築により、日本市場内の新規販売先の確保に乗り出す。さらに、イグルーセキュリティは、国レベルの輸出支援と徹底した現地化のカスタム戦略をもとに、最近、相次いで目に見える成果を上げた東南アジア、中東、アフリカ市場の攻略にもより一層力を注ぐ方針である。

イグルーセキュリティのイ・トクチュン代表は、「本セキュリティ管制ソリューション及びサービスの輸出」契約は、厳しいと定評のある日本のセキュリティ市場でイグルーセキュリティのセキュリティ管制のノウハウを再検証することができたことと、17年間に渡って蓄積されている当社のセキュリティ管制の経験とノウハウを知的財産権化して輸出することで、セキュリティ管制サービスの価値をさらに高めたことに大きな意義がある。今後もイグルーセキュリティが保有しているセキュリティのノウハウを資産化して輸出し、セキュリティ管制サービスの高付加価値を創出するために総力を挙げて取り組む」と話した。