IGLOO's Press

マスコミに報道されたイグルーコーポレーションの最新ニュースです。

(株)IGLOO SECURITY、嶺南理工大学校と産学協力締結​

2018.05.11

1,076

大邱地域のサイバーセキュリティ人材を育成する 
(株)IGLOO SECURITY、嶺南理工大学校と産学協力締結

 

 


- 急速に増加する地方のサイバーセキュリティ人材需要に合わせて、現場中心型の地域セキュリティ人材を集中発掘

- 地方人材に対する持続的な支援を通じて、均衡のとれた地域の共存共栄を成し遂げるために先立つ 
 


[2017年07月10日]急速に増加する地方のサイバーセキュリティ需要にあわせて、IGLOO SECURITYが優秀な地域人材の育成に拍車を掛ける。次世代統合セキュリティ管理を導いていく

(株)IGLOO SECURITY(代表取締役イ・ドッチュン、www.igloosec.co.kr)は、世界的な水準の職業教育を行う拠点大学である嶺南理工大学校(総長パク・ジェフン、http://www.ync.ac.kr)とサイバーセキュリティ専門家養成及び地方均衡発展に向けた産学協力の協約を締結したと10日に明らかにした。

 

ここ数年にわたって公共機関の地方移転が本格化されたことによって、第3政府統合電算センター建立を控えている大邱広域市などの革新都市を中心に地域情報ITインフラ資源を安全に保護することができる優秀なセキュリティ人材に対する需要が急速に増加している。嶺南理工大学校はこのような社会的需要に足並みを揃えて、地域専門大学初にサイバーセキュリティ科を開設して最先端セキュリティ管制センターを構築し侵害対応専門人材の養成に向けた予算を確保するなど大邱の地域機関及び企業のセキュリティ性を高めるサイバーセキュリティ人材を育成するのに先駆けている。

 

2016年から現場実習及びインターン・プログラムなどを一緒に運営してきたIGLOO SECURITYと 嶺南理工大学校は今回の協約を契機に地域サイバーセキュリティ人材育成に向けた本格的な協業活動を展開する。幅広いセキュリティ知識と現場経験を積むことができる教育過程を共同開発し、相互共有された研究環境で中核となる研究課題を一緒に遂行する。セミナー・フォーラム・学術会議を共同に開催して地域内の人的交流を強化し、地域連携の採用プログラムを設けて地域青年の雇用創出にも取り組む。

IGLOO SECURITYのイ・ドッチュン代表は『IGLOO SECURITYは、公共機関の地方移転に合わせて一層強化された顧客密着型サービスを提供し、地域経済活性化に貢献するために努力してきた。世界的な水準の専門大学である嶺南理工大学校との産学協力を通じて地域中心の優秀な人材発掘に拍車をかけて、顧客サービス強化と地域の均衡発展という2つの目標を全部達成するために取り組む』といった。

 

IGLOO SECURITYは、今回の産学協力協約を締結する前に、インターン及び国家勤労奨学生プログラムを通じて嶺南理工大の学生に現場実習と就業機会を提供し、嶺南理工大と韓国インターネット振興院、未来戦略アカデミが共同で開催する「大邱サイバーセキュリティ・コンファレンス(D-SEC)」にも参加し、地域サイバーセキュリティ人材育成に向けて持続的に努力してきた。また、嶺南理工

大学校をはじめて全国各地の教育機関と産学協力を結んで、役職員の約40%以上を地域人材に採用している。​